鳥について

手のひらに乗ってしまう小さな身体でちょこちょこと動き、まんまるの目でいろんな気持ちを伝えます。鳥の種類によっては羽の色や鳴き声が綺麗です。

飼い主はもちろんのこと、人を見分けることができますし、意味はわかっていなくても言葉を覚える種類もいます。

鳥の取り扱い種

飼育のアドバイス

環境温度を24時間、1年を通じて一定にするよう工夫します。1日の温度差が5度以上だとストレスの原因になりますので、常に20~29度に保つようにしてください。

直射日光は必要ありません。食事内容さえ正しければ、紫外線は間接光で十分です。そして、昼間はなるべく明るい場所に置きます。

飼育のポイント集

コザクラインコのヒナの飼育方法

~コザクラインコの場合生後5~6週目まで差し餌が必要です。~

ポイントを見る
セキセイインコのヒナの飼育方法

~セキセイインコの場合生後5週目まで差し餌が必要です。~

ポイントを見る
文鳥のヒナの飼育方法

~文鳥の場合生後約4~5週目まで差し餌が必要です。~

ポイントを見る
オカメインコのヒナの飼育方法

~オカメインコの場合生後約6週目まで差し餌が必要です。~

ポイントを見る